白髪染めの色選び

白髪染めの色選び

白髪があってもオシャレでいたい!
白髪があっても老けて見られたくない!!
白髪が気になりだす女性には当たり前の願いですね。

 

最近では黒色や茶色の他に、ゴールド系やマット系などのオシャレなカラーも増えてきました。

 

そこで重要なのが、白髪染めの色選びです。

 

白髪染めの色選びがそんな重要なことのように思えない、と思われる方も多いかも知れません。
ですが、理想のカラーに仕上げる為には白髪染めの色をしっかりと考えることが重要なのです。

 

白髪染めには、染まりやすい方と染まりにくい方が居ます。
それは、自分の髪質や体調のコンディションなどによって大きく左右されるものなのです。

 

髪が太い方や硬い方、もともと黒髪の色素が濃い方などは白髪も染まりにくくなっています。
逆に染まりやすい方は、髪が細く・柔らかい方、黒髪の色素が薄い方などが居られます。

 

そして、白髪と黒髪では染まり方が違う事も覚えておきましょう。

 

白髪には色が付きやすいですが、黒髪には色が若干付きにくくなります。

 

ですので、白髪が多めの方は見本より明るく染まりますから<1段階暗めの色>を選ぶと良いです。

 

黒髪が多めの方は暗く染まってしまいますから、<1段階明るめの色>を選ぶようにしましょう。
この時に、染め上がりをイメージするのに、箱などに掲載されている色見本を参考にしましょう。

 

イメージの色見本は染まりやすい髪質の方のイメージなので、自分の髪質を確認してから見るとイメージが湧きやすいでしょう。

 

こう言ったとこから、白髪染めをただ単に選ぶのではなく、自分の髪質をしっかりと把握した上で白髪染めの色を選んでいくと、後から後悔することが少なくなることでしょう。

 

ちなみに白髪染めカラーが最も豊富なのはレフィーネという白髪染めトリートメント。